— Ibaraki Educational Research Association —

小規模校運営委員会

  • HOME »
  • 小規模校運営委員会

1 活動の概要

平成27年度より,茨城県教育研究会の専門委員会として,「へき地小規模校運営委員会」という名称で活動してきました。学校の統廃合等により小規模校が減少し,本委員会への加入校も減少が見られたため,平成29年度に本委員会の運営について検討・見直しを行いました。
専門委員会としての本委員会が,小規模校特有の学校経営や学年経営,教育課程,学習指導の問題点や工夫についての情報交換や協議,研修を行い,小規模校のよさを活かした特色ある学校づくりに寄与する存在意義は大きいと考え,平成30年度に「小規模校運営委員会」と改称して,活動を継続しております。
今後も小規模校のよさを生かした特色ある教育活動の充実・発展のために,「学校・家庭・地域との連携」や「地域とともにある学校」,そして「一人一人を大事にしたきめ細かな教育」の実践に向けた情報交換や研修を行ってまいります。

2 目的

・小規模・複式学級を有する学校の特性を生かした学校・学級経営の在り方について情報交換や研修を図る。
・「小さな学校の教育研修会」の実施により,加入校相互の研修に努める。
・全国へき地教育研究連盟・関東甲信越へき地教育研究大会連盟との連携を図り,情報を共有する。

3 加入条件

複式学級を有する学校 並びに 小学校児童数100名以下,中学校生徒数90名以下の学校及びその他参加を希望する学校
・現在の加入校 62校(小学校 53校,中学校 9校)  ※令和3年度6月現在

4 活動計画

(1) 郡市委員長研修会

第1回郡市委員長研修会          5月28日(金)開催
臨時郡市委員長研修会(オンライン)   8月 6日(金)開催
第2回郡市委員長研修会          12月17日(金)開催

(2)小さな学校の教育研修会    10月開催予定

内 容 3・4年複式学級授業公開(YouTube配信)・研究協議(オンライン)
授業者 茨城大学教育学部附属小学校 木村 公一 教諭

(3) 全国へき地教育研究連盟,関東甲信越へき地教育研究連盟関係

①全へき連春季総会,関東甲信越教育研究協議会代表者会議
6月開催(書面開催)
②関東甲信越へき地教育研究大会(山梨)
11月12日開催(オンライン)
③全へき連秋季総会,全国へき地教育研究連盟研究大会(宮崎)
10月28日・29日開催
④全国へき地教育研究連盟研究推進協議会
11月25日・26日開催
⑤関東甲信越へき地教育研究協議会代表者会議
6月4日(書面)・2月25日開催

5 全国へき地教育連盟webページについて

令和元年6月より運用を開始しました。
これまでデータとして入手することが難しかった「公開授業の指導案」や「研究大会の研究集録」など,加入校の実践が専用ページからダウンロード出来ます。
セキュリティの関係から,パスワードをかけて運用しております。小規模校運営委員会に加入された学校には,専用IDとパスワードを提供いたします。ご活用ください。

全へき連HPへ http://www.zenhekiren.net/

令和2年度会長あいさつ

令和3年度会長あいさつ

pr_21

bn_kaigisitu

お問い合わせ

茨城県研究会事務局
〒311-1125
茨城県水戸市大場町933-1
TEL:029-269-1300
FAX:029-269-1304
Mail:ikk@kplaza-ibk.or.jp

【 広報専用メールアドレス】
Mail:ibk_kenkyukai@yahoo.co.jp

PAGETOP
Copyright © 茨城県教育研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.