— Ibaraki Educational Research Association —

国語教育研究部

平成29年度研究主題

 「生きてはたらく国語の力をはぐくむ授業の創造(第3年次)」

 

平成29年度事業計画

5月26日(金) 第1回郡市部長会議
7月28日(金) 国語指導者筑波研修会
11月9日(木)・10日(金) 第60回全関東地区中学校国語教育研究協議会神奈川大会
11月29日(水)~12月3日(日) 茨城県芸術祭小中学校美術展覧会

 

平成29年度 茨城県国語指導者筑波研修会

1 期 日  7月28日(金)

2 場 所  ホテル青木屋

3 参加者

・茨城県内国公立小中学校国語科担当教員 82名
・県・市町村派遣指導主事 5名
・茨城県教育研究会国語研究部役員・幹事 15名

4 内 容

(1)研修会:共通課題「平成30年度,もし,あなたが研究主任として国語科研究を推進するとしたら・・・」

①グループ討議 ②他グループと意見交換 ③グループ討議

(2)講演「育成すべき資質・能力を明確にした国語科授業づくり」

文部科学省初等中等教育局教育課程課 教科調査官
国立教育政策研究所 教育課程調査官 学力調査官 菊池 英慈 先生

5 ねらい

(1)では,各学校の国語科における課題や研修体制について協議することを通して,現在の国語教育に求められていること,大切なことを考える。また,(2)では菊池調査官から全国学力・学習状況調査や現在の国語教育における課題についてのお話をいただき,(1)において考えたことを照らし合わせることで,これからの国語教育について必要なことをとらえる。

 

平成29年度 手作りテスト研修会

1 期 日  8月1日(火)

2 場 所  教育プラザいばらき

3 参加者

・ 茨城県内国公立小中学校国語科担当教員  31名
・ 講師 那珂市教育委員会指導主事 野村 仁 先生
・ 茨城県教育研究会国語研究部役員      6名

4 内 容

(1) 全国学力・学習状況調査をもとにした問題作成

(2) 発表・講評

5 ねらい

今年度に行われた全国学力・学習状況調査におけるB問題を作り変えることを通して,授業力の向上を目指す。

6 成 果(手作りテスト研修会において各グループが作成した問題)

 

小学校 テスト1 テスト2 テスト3 テスト4 テスト5

中学校 テスト1 テスト2 テスト3

今年度実施された全国学力・学習状況調査のB問題を用いて,グループごとに問題を作成した。問題作成に関しては,新たに問題を追加してもよいし,記述式で出題されているものを選択股問題に変えたり,また,その逆を行ったりしてもよいこととした。ただし,それぞれの校種で以下の問題を検討することとして行った。

・ 小学校……P13~18

・ 中学校……P1~6

PAGETOP
Copyright © 茨城県教育研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.