— Ibaraki Educational Research Association —

組織活性化委員会

  • HOME »
  • 組織活性化委員会

1 平成29年度 組織活性化委員会の活動内容

(平成29年度県教育研究会総会要項 15~16頁 ①組織活性化委員会 より)

次年度の活動方針案作成を主としながら,次の2つの取組を実施し,本会の組織 活性化に必要となる事項について検討する。また,研究部長代表5人で小委員会を構成し,活動の企画立案を行う。

 

ア Web機能を活用した調査の実施

アンケート調査を通して会員の意見等を集約し,活動内容等の改善・充実のための検討資料とする。

イ 課題検討委員会の設置

県学校長会と連携し,県学校長会第2中期ビジョンの少人数指導教育(少人数学級)の充実について協議するとともに,本会活動の活性化に向けて,必要な教育課題の検討を行う。委員は,各研究部の研究推進委員等から選出する。

 

2 委員一覧 (計16名)

    氏  名 支部または研究部名      所 属
県教育研究会役員  (6名)  小島   睦   会 長 水戸市立三の丸小
  伴   敦夫   副会長 水戸市第一中
  石川 八千代   副会長 常陸太田市立太田小
  石﨑 千惠子   副会長 鉾田市立鉾田南中
  富永   保   副会長 龍ケ崎市立龍ケ崎小
  海老原 治夫   副会長 常総市立鬼怒中
支部長代表
(5名)
 日下部 秀雄   水戸市 水戸市立三中
  鈴木  克彦   日立市 日立市立中里中
  片岡   満   行方市 行方市立玉造小
  酒井  和美   龍ケ崎市 龍ケ崎市立馴馬台小
  岡野  克巳   常総市 常総市立水海道中
研究部長代表
(5名)*小委員会
<企画立案>
  増田  年男 長   教育課程 水戸市立河和田小
  和田  雅彦 課   学校事務 水戸市立赤塚小
  朝倉  美広 課   体育・保体 水戸市立飯富中
  添田   智 ア   学校図書館 水戸市立吉沢小
  内田  和子 ア   生活・総合 水戸市立飯富小

* 教育課程研究部長が委員長

3 会議予定及び内容

第1回 平成29年5月30日(火)午後2時30分から午後3時30分まで
活動計画 等
(1学期) 第1回課題検討委員会 6月29日(木)
※6月 日~ 日にアンケート実施予定
(2学期) 第2回課題検討委員会 12月7日(木)
※小委員会で,次年度活動方針案の検討開始
第2回 平成30年1月10日(水)午後2時30分から午後3時30分まで
次年度活動方針の検討,課題検討委員会報告等
第3回 平成30年2月15日(木)午後2時30分から午後3時30分まで
次年度組織活性化委員会の活動内容,次年度活動方針案の策定

 

Web機能を活用したアンケートの実施について

 

1 アンケート調査のねらい

〇 会員の声を広く取り入れ,本会の事業等の見直しを行うとともに,組織の活化を図る。

2 回答者

〇 県内全国公立小・中学校,特別支援学校及び義務教育学校の教務主任等

3 回答期間

〇 平成29年6月12日(月)~6月23日(金)

4 アンケートの回答方法

〇 茨城県教育情報ネットワークのアンケート機能を使用

 

5 アンケートの内容

(1)学力向上のための授業改善について

・少人数指導の充実について
・学びの質の向上に向けた「主体的・対話的で深い学び」について
・カリキュラム・マネジメントについて

(2)一部改正学習指導要領及び次期学習指導要領について

・「特別な教科 道徳」について
・「外国語活動」や小学校の「外国語科」について

(3)茨城県教育研究会の事業等について

6 茨城県教育研究会アンケート(実施済み)

茨城県教育研究会アンケート

茨城県教育研究会アンケート結果

 

課題検討委員会の設置について

1 目標

課題検討委員会は,「組織活性化委員会」に属し,『県校長会と連携し,研究目標の具現化や本会活動の活性化に向けて,必要な教育課程の検討を行う。』ことを目標とし,『委員は,各研究部の研究推進委員等から選出す。』
(平成29年度 茨城県教育研究会総会要項より)

 

2 委員構成

・国語,社会,算数・数学,理科,英語の5つの研究部から教諭2名,合計10名選出する。
・任期期は2年間とする。昇任や異動の場合は,後任を選出する。
・ブロックの組織活性化委員(各支部長)が,研究部長を通して適任者を2名選出する。
・下記のローテーションに従って選出する。

※平成28年度組織活性化委員会の申し合わせにより,平成30年度の委員選出ローテ  ーションから,男女の別を無くすこととなった。

 

 

平成25~27年度 平成28・29年度 平成30・31年度 平成32・33年度
中央 国(男) 英(女) 理(男) 数(女)
県北 社(男) 国(女) 英(男) 理(女)
県東 数(女) 社(女) 国(女) 英(女)
県南 理(女) 数(男) 社(女) 国(男)
県西 英(男) 理(男) 数(男) 社(男)

※上記教諭の10名のほか,組織活性化小委員会(研究部長代表)より5名参加する。

 

3 活動内容及び予定

○ 平成25年度から27年度までの3年間は,課題連携会議として活動を行ってきた。平成25年度は「少人数学級についての課題」調査,平成26年度は「少人数指導についての取組状況と課題」を調査し,校長会行財政委員会へ調査結果を報告してきた。

平成27年度は,検証期間3年目としてこの3年間の活動の総括を行うとともに,「少人数指導教育の現状と課題」並びに「県教育研究会の事業」等について協議を行ってきた。

 

○ 平成28年度は,活動目標の達成に向け次の2項目について協議を行った。

・授業改善のための課題【少人数指導,アクティブ・ラーニング,カリキュラム・マネジメント】
・茨城県教育研究会活動の活性化に向けて

 

〇 平成29年度は,活動目標の達成に向け次の2項目について協議を行う。

・学力向上のための授業改善について【少人数指導の充実について,学びの質の向上に向けた「主体的・対話的で深い学び」について,カリキュラム・マネジメントについて】
・一部改正学習指導要領及び次期学習指導要領について【「特別な教科 道徳」について,「外国語活動」や小学校の「外国語科」について】
・茨城県教育研究会の事業等について

これらは,Web機能を活用したアンケートの結果を活用するとともに,課題検討委員(教諭)のブロック内の実態等を加味しながら進める。

4 平成28・29年度課題検討委員

 

〈教諭〉

地区 小中 教科     氏  名          所 属

中央

 五十川 淳一 水戸市立上大野小学校
 山田 伊都子 ひたちなか市立大島中学校

県北

 神林  貴博 日立市立油縄子小学校
 倉橋  久美 日立市立多賀中学校

県東

 大里   明美 鹿嶋市立平井小学校
 平山 美惠子 鹿嶋市立鹿島中学校

県南

 押手 佐代子 石岡市立石岡小学校
 渡邊  貴紀 つくばみらい市立谷和原中学校

県西

 川島  博之 常総市立岡田小学校
 岡野  雄一 桜川市立岩瀬西中学校

〈校長〉

研究部長    氏  名          所 属
教育課程   増田  年男 水戸市立河和田小学校
学校事務   和田  雅彦 水戸市立赤塚小学校
体育・保体   朝倉  美広 水戸市立飯富中学校
学校図書館   添田   智 水戸市立吉沢小学校
生活・総合   内田  和子 水戸市立飯富小学校

5 平成28・29年度課題検討委員会活動計画(案)

平成28・29年度課題検討委員会活動計画(案)

6 課題検討委員会 協議のまとめ

〇 Aグループ

〇 Bグループ

pr_21

bn_calender
bn_kaigisitu

お問い合わせ

茨城県研究会事務局
〒311-1125
茨城県水戸市大場町933-1
TEL:029-269-1300
FAX:029-269-1304
Mail:ikk@kplaza-ibk.or.jp

【 広報専用メールアドレス】
Mail:ibk_kenkyukai@yahoo.co.jp

PAGETOP
Copyright © 茨城県教育研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.