-Ibaraki Principals Association –

取手市 【県南ブロック】

1組織

役   員 会  長 鶴巻 敬孝(藤代中)
副 会 長 鳥羽田 一夫(六郷小) 柏 孝子(藤代小)
堀本 恵美子 (久賀小)
幹 事

 

庶 務 鈴木  伸(取手小) 横島 彰(取手一中)
会 計 飯泉 務(高井小)
監  査 福田 理明(取手二中)堀江 玲子(戸頭小)
教育予算等検討要望担当 花沢 紀子(山王小) 飯泉 務(高井小)
行事調整担当 鳥羽田 一夫(六郷小)
常任評議員 鶴巻 敬孝(藤代中)
評 議 員 鶴巻 敬孝(藤代中) 堀本 恵美子(久賀小)
小学校部長 堀本 恵美子(久賀小)
中学校部長 鶴巻 敬孝(藤代中)

 

平成29年度 取手市校長会活動目標

 

(1)信頼と期待に応える学校経営の研究と実践

①明確な学校経営のビジョンのもと,活気ある組織及び運営体制を構築して学校教育目標の達成を目指す。
②学校・家庭・地域社会の連携・協力を充実させて魅力ある開かれた学校づりに努める。
③家庭・地域社会等との連携を充実させる中から,危機管理体制の整備と学校安全の確保に努める。

(2)「生きる力」を育む教育課程の編成・実践・評価・改善

①学習指導要領の趣旨を踏まえ,基礎基本の確実な定着と活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等の育成を図る。
②学校が実態に応じ主体性を発揮し,特色ある教育活動・創意工夫を生かした教育課程の編成に努め,児童生徒の「生きる力」の育成のために実践・評価・改善を着実に進める。
③小中連携教育の推進の中から,児童生徒の学力や適応能力の向上及び生き方を考えるキャリア教育の充実を図り,児童生徒の「生きる力」を育む。

(3)教職員としての資質能力の向上を図る研修の充実

①専門職としての自信や誇りを育み,教育理論や実践的指導力の研鑽の場を充実する。
②今日的教育課題についての研修を充実させ,新しい時代に応え得る資質や能力の向上に努めるとともに,先見性と的確な見識をもって人材育成を図る。
③子供たちの人格形成に関わる一人の人間として,愛情と責任感をもち様々なことに気づく幅広い視野と指導力,常識と教養,礼儀,コミュニケーション能力を兼ね備えた教師の育成を目指す。

 

取手市校長会事業計画

学校経営研究 1   社会の変化に迅速に対応する学校経営の実践的研修
2   創意ある教育課程の実施,学校評価・教員評価の改善・充実
3   学校経営の改善並びに現職教育の推進
4   先進校視察による学校経営研修
行   財   政 1   人事・財政・給与等に関する要望書の作成
2   行財政上の諸問題の調査と研究
3   人事行政・財政・給与に関する研修会の開催
法   制 1   学校管理・運営上の諸問題に関する法的研究
2   教育諸条件整備のための法的研究
3   法制に関する研修会の開催
調 査 研 究 1   全連小・全日中・県・県南関係の調査とまとめ
2   他専門部との連携協力
3   教育改革等の調査研究
研    修 1.各中学校区毎に小中連携教育について特設委員会を設け,事項に挙げる研修内容から各地区の研究テーマを設定し,研究を推進する。

(1)研修の内容

  • 確かな学力を伸ばすための連携(指導観の共有化)
  • 豊かな人間性を構築するための連携(信頼関係の構築)
  • 学校生活への適応を図るための連携(生活環境の推進)
  • 小中間の交流行事(事例研究)の実践
  • キャリア教育,防災教育の推進(取手市教育振興計画との関連)

 

(2)特設委員

①校長会としての組織をつくり,各地区の連携を図る。教頭会,教務主任会も同様とする。
②地区ごとの代表校長の中から,1名を推進委員長とする。
③各地区の委員会は校長,または教頭と,教務主任等を中心に研究をすすめる。
④29年度は,「学力の向上」「学校生活への適応」「学校全体の活性化」「教員の力量の向上」をねらいとし,各地区の特色を生かした取組をする。
⑤グループ研究組織(◎校は委員長)

・取手一中区取手一中,取手小,◎取手東小・取手二中区取手二中,白山小,取手西小,◎寺原小
・永山中区永山中,◎高井小,永山小,
・戸頭中区戸頭中,◎戸頭小・藤代中区藤代中,山王小,藤代小,◎久賀小
・藤代南中区藤代南中,◎桜が丘小,宮和田小,六郷小

2.学校運営合同研修会の企画と運営(三者研)

3.教員評価研修委員会の企画と運営

※(先輩校長を囲む会は退職校長会と共催で隔年開催・・・29年度は開催しない)

 

平成29年度 取手市の小中連携教育の取組

1 取手第一中学校区(取手小・取手東小・取手第一中)

◇昨年度の成果と課題

  • 学習サポートを通して,参加した中学生の自己有用感の促進が図られ,多くの小学生の学習に対する意欲の高まりもみられた。
  • 個別の教育的ニーズに応じた支援の手立ての詳細を小中学校間で共有することを通して,児童生徒が安心して学校生活を送ることができている。

◇本年度のねらい

  • 義務教育9年間を見通した「特別の教科道徳」や「外国語・英語」の学習指導・評価の連携をすることで,発達段階に応じた児童生徒の確かな学力の定着や生きる力の育成をすることで学校生活への適応能力を高める。
  • 小中の連携を更に深めることで,児童生徒一人一人に寄り添い,中1ギャップ等の解消や充実した学校・学級づくりにつなげる。

本年度の取組内容

  • 推進委員会(年4回)・学力向上部会(教務主任・研究主任)と適応力向上部会と特別支援教育部会(年各4回)
  • 合同研修会(8月3日)(学力向上部会<総合的な学習の時間,外国語・英語,特別の教科道徳>,適応力向上部会,特別支援教育部会)
  • 児童生徒の交流(吹奏楽部の生徒が小学校へ,学びの広場学習支援,小6が体育祭に参加,小中連携あいさつ運動,中学校見学会)
  • 東部地区校長の学校訪問・教員の交流(中学校教員の出前授業,授業公開相互参観)・中学生の職場体験・ノート展の実施・生活アンケートの実施と分析
  • 全国学力・学習状況調査と学力診断のためのテストの分析
  • 家庭学習,学習のきまり,学習の進め方の統一

 

2 取手第二中学校区(白山小・寺原小・取手西小・取手第二中)

◇昨年度の成果と課題

  • 各部会による情報交換や小6と中1担任による情報交換会,夏季合同研修会により,児童・生徒の実態への相互理解が深まるとともに,教員の小中連携の意識が高まった。
  • 挨拶運動や母校訪問等により,中学生の自己肯定感が高まるとともに,6年生の中学校進学への期待が高まり,不安が軽減された。

◇本年度のねらい

  • 小学校と中学校の連携を深め,児童・生徒の生きる力の育成を図る。
  • 義務教育9年間の学びの連続性を追究することによって,児童・生徒の学校生活の適応能力の向上と学力の向上を図る。
  • 学校間の連携を充実することで,一人一人の児童・生徒が達成感・充実感のもてる学校・学級づくりにつなげる。

◇本年度の取組内容

  • 推進委員会(4月26日実施,11月,2月実施予定)
  • 学力向上部会(7月3日実施,2月実施予定)
  • 実態調査・学力診断共同分析・学校改善プランの共通理解
  • 学力向上のためのリーフレットの作成
  • 計画訪問時の授業研修共同参加
  • 生活適応能力向上部会(6月20日実施,2月実施予定)
  • 「立腰」,「黙働」指導の推進・二中学区生活プランの作成,共通実践
  • 生徒指導情報交換会・中1の授業参観・体育祭・松籟祭への参加
  • 空手部・吹奏楽部の小学校訪問・マナーアップ小学校訪問・母校訪問
  • 合同研修会(8月3日)
  • 分科会(国語/算数・数学/理科/道徳/生徒指導部会)

 

3 永山中学校区(永山小・高井小・永山中)

◇昨年度の成果と課題

  • 児童は中学校が身近に感じられるようになり,不安が軽減された。
  • 組織を見直し,全職員で小中連携教育に係わるように改善し,職員の参画意識を高め更に小中連携(一貫)教育を充実させたものにしていきたい。

◇本年度のねらい

9年間の学びで,学力向上と自己有用感・意欲の高揚を目指す

◇本年度の取組内容

推進委員会(年5回)連携委員会(年3回全職員,年1回推進委員+役員)
学力部会・キャリア部会・生き生き部会(三つの部会の取組)

  • 学習のきまり,生活のきまりの作成・家庭学習の手引きの見直し
  • 中学校教員による乗り入れ授業・総体,新人戦での母校ボランティア
  • 永山中学校区学力診断テスト(小学校1~2年用:国語,算数)の分析と活用
  • 総合的な学習の時間の内容の共有と見直し,カリキュラム作成・小中合同引渡し訓練
  • 吹奏楽部による出前演奏
  • 生徒会と児童会の合同主催による行事(新入生説明会,あいさつ運動,クリーン作戦)

 

4 戸頭中学校区(戸頭小・戸頭中)

◇昨年度の成果と課題

  • 出前授業では,小学校の授業で中学校教員の専門性が生かされ,学習効果が上がっているが,教科や単元の調整が必要である。
  • 児童生徒の交流が活発に行われているため,中学校入学後,スムーズなスタートができている。
  • 戸頭学習プラン・生活プランを基に系統的な学習,生活の決まりを作成し共通実践ができている。今後も指導の充実と,定期的な評価(振り返り)をしていく。

◇本年度のねらい

  • 確かな学力を身に付け,学校生活への適応を円滑にする小中連携教育を推進する。
  • これまでの小中連携に幼稚園や保育園を加え,幼・保小中連携教育を推進する。

◇本年度の取組内容

  • 各種会議の開催:運営委員会,小委員会,部会(教育課程・生徒指導・地域連携)
  • 小中連携事業:合同あいさつ運動,引き渡し訓練,行事への相互参加,小学校への職場体験学習,吹奏楽部出前コンサート,出前授業,合同パトロール,情報交換会
  • 小中の児童生徒の交流:行事への相互参加,合同あいさつ運動
  • 小中相互授業参観:計画訪問等
  • 小中連携による「学びの姿勢(特に話しを聞くこと)」の向上を推進するため,共通の約束事項を構築し,小・中学校の全教室に掲示し,意識の向上を図る。

 

5藤代中学校区(山王小・藤代小・久賀小・藤代中)

◇昨年度の成果と課題

  • 小中連携サミットやあいさつ運動など,中学生が小学校を訪問しての活動は,中学生が進んで活動しており,自己有用感を育む活動となっている。今後も継続したい。
  • 生徒会を中心とした中学校説明会は,小学校6年生にとって進学への不安を和らげ,中1ギャップ解消に向けて大きな成果が得られた。
  • 小中合同児童生徒引き渡し訓練を9月1日に実施したが,緊急時を想定し,1学期に実施したい。保護者や職員アンケート結果を生かし,非常時に対応できる活動にしていく。
  • 総合的な学習の時間や英語・外国語活動のカリキュラムの系統性や指導内容の見直しができなかった。各校の担当者を招聘しての協議が必要である。

◇本年度のねらい

  • 小学校と中学校との円滑な接続を図ることで,児童生徒の「学力の向上」や「学校生活への適応能力の向上」を図り,「中1ギャップ」などの現実的な課題の解決につなげる。
  • 学校間の連携を充実することで,一人一人の児童生徒が存在感や充実感がもてるようにする。
  • 積極的に学校間の連携を図ることで,学校と地域との協働体制をつくる。

◇本年度の取組内容

  • 連携推進委員会(年3回)・小中情報交換会・学習・生活アンケート・中学校見学会
  • 9年間を見通した「学校生活のきまり」
  • 小中連携事業(サミット,あいさつ運動,引き渡し訓練,中学校職場体験学習,吹奏楽部出前コンサート,出前授業,母校ふれあい訪問等)
  • 相互授業参観(研究授業,計画訪問,要請訪問等)
  • 夏季連携合同研修会(学力向上部会,生徒指導部会)
  • 小学校1,2年生の基礎学力テストの作成と実施

 

6藤代南中学校区(六郷小・宮和田小・桜が丘小・藤代南中)

◇昨年度の成果と課題

  • 「総合的な学習小中系統表」「キャリア教育系統表」を作成したことにより,学区内小中学校の指導内容を共有することができ,学びの連続性を意識した指導内容の見直しを図ることができた。
  • 中学校英語科教師が6年生に授業を行うことで,児童の英語学習に対する学習意欲を高めることができた。また,小学校教師が授業参観することで,授業力向上に資することができた。
  • 「学習プラン」「生活プラン」を作成し,各学校の児童生徒や保護者の共通理解を促すとともに,9年間を見通した学習指導や生活指導の基盤づくりを行うことができた。
  • 小中合同の引き渡し訓練を南中学区として初めて実施した。引き渡し方法の見直しについて検討が必要である。

◇本年度のねらい

  • 児童生徒の9年間を見通した望ましい教育の在り方を追求する。
  • 南中学校区内小中学校職員同士が交流することにより,小小・小中の連携を深める。

◇本年度の取組内容

  • 小中連携推進委員会(年3回)・小中連絡会議(旧6年担任中学校訪問)
  • 夏季合同研修会(学習指導,道徳,キャリア教育,生徒指導)
  • 小中連携駅前あいさつ運動・中学校職場体験学習・吹奏楽部出前演奏会
  • 新入生保護者説明会・交流授業・訪問授業等の相互参観
  • 小中合同引き渡し訓練・中学校担任による小6授業参観
  • 南中生による学びの広場の学習支援

 

PAGETOP
Copyright © 茨城県校長会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.