-Ibaraki Principals Association –

坂東市 【県西ブロック】

平成29年度坂東市校長連絡協議会組織

会 長  倉持 英夫   (猿島中学校長)
副会長  小林 清    (弓馬田小学校長)
副会長  倉持 美由紀  (岩井第一小学校長)
幹 事  森  甚二   (岩井第二小学校長)
幹 事  関  健樹   (中川小学校長)
幹 事  宮川 敬子   (飯島小学校長)
幹 事  柴山 聖徳   (逆井山小学校長)

 

主な学校長研修及び行事

4月4日(火) 本市の教育方針について
組織づくりと研修課題・研修計画の検討
5月2日(火) 創意と活力に満ちた学校づくり
・「教員評価」と「人事評価」のすすめ方
・子どもと向き合う環境づくり
6月2日(金) 創意ある教育課程の編成・実施・評価・改善
・学習指導要領の重点に迫る教育活動の展開
6月30日(金) 生徒指導の総合的推進
・小中連携による不登校児童生徒の解消
8月1日(火) 学校運営合同研修会 (校長,教頭,教務主任,中堅教員)
9月4日(月) 危機管理体制の推進
・校内指導体制の在り方と外部機関との連携
10月3日(火) 確かな学力の向上をめざす教育活動の在り方
・全国学力・学習状況調査等の考察
11月2日(木) 教職員の資質能力を高めるための研修
・確かな力量を備えた職員の育成
12月5日(火) 家庭・地域社会に開かれた学校づくりと学校の活性化
・年度末人事管理上の諸問題
1月10日(水) 適切な学校評価の在り方
・自己評価,学校関係者評価と評価結果の公表
・年度末人事管理上の諸問題
2月1日(木) 個性を生かす教育活動の充実,心の居場所となる学級・学校づくり
・次年度の運営計画の検討
3月2日(金) 学校経営の課題と次年度の構想
・特色ある学校づくり

 

 坂東市の特色ある教育活動

坂東市がめざす,教育の基本理念

「たくましく生き抜く力を育み,未来を担う人づくり」

1 基本な生活習慣と人間性の育成

(1) 基本的生活習慣の確立

○ 坂東市の5つの約束

① あいさつをする
② 呼ばれたら「はい」と返事をする
③ ぬいだはきものをそろえる
④ 時間を守る
⑤ 背筋を伸ばして座る

(2) 学校・家庭・地域の連携強化と家庭の教育力の向上

(3) 幼稚園・小学校・中学校・高等学校の一貫した教育の推進

(4) 郷土教育・道徳教育・立腰教育の推進

(5) 野外体験活動や積極的なボランティア活動の推進

(6) 特別支援教育の推進

(7) 魅力ある学校づくり, 信頼される学校づくりの推進

2 学力の習得と活用力の育成

(1) 確かな学力(基礎学力・応用力)を育む教育の推進

主体的・協働的な学びの視点からの授業改善

(2) 英語教育・国際理解教育・ICT教育の推進

(3) キャリア教育の推進(職業観・勤労観の育成)

(4) 今日的な学習の推進(主権者教育,環境教育,食育,健康教育,薬物乱用防止等に関する教育)

研修への取組

1 研修課題

生きる力を支える「確かな学力」「豊かな心」「健やかな体」をもった児童生徒を育む,創意と活力ある学校経営をめざし,次の課題について研修を深める。

(1) 一人一人を生かす創意と活力に満ちた学校経営の推進

ア 組織マネジメントに基づいた学校経営の工夫改善
イ 一人一人の教育的ニーズに応じた指導と個性を生かす教育活動の推進
ウ 社会の変化に柔軟に対応できる児童生徒の育成
エ 子どもと向き合う環境づくり

  (2) 認め支え合う支持的風土を基盤とした確かな学力の向上をめざす教育活動の工夫改善

ア 基礎的・基本的な知識及び技能の確実な習得と,思考力・判断力・表現力等の育成
イ 主体的に学ぶ意欲を高める工夫と家庭学習の充実
ウ 体験的な学習,問題解決的な学習の積極的な導入と言語活動の充実
エ 小学校における英語活動の充実

  (3) 豊かな心と将来への夢を育む学校経営の推進と生徒指導の総合的推進

ア 基本的な生活習慣を身に付け,実践力を育てる道徳教育の充実
イ 勤労体験活動,奉仕活動,社会的体験活動等の推進
ウ 望ましい職業観,勤労観,生き方を育むキャリア教育の推進
エ 小中連携の強化による不登校児童生徒の解消

  (4) 家庭・地域社会に開かれた教育活動の推進

ア 学校評価の積極的な活用と家庭・地域社会に信頼される学校づくりの推進
イ 学校・家庭・地域社会が一体となった教育活動並びに安全指導の推進
ウ 地域人材や地域教材を活用し文化や伝統の尊重等を踏まえた各種教育活動の推進
エ 学校評議員制度や学校関係者評価を生かした,地域とともにある学校づくりの推進

  (5) 社会の変化に柔軟に対応する学校経営の推進

ア 教職員の意識改革と資質能力を高める校内研修の充実
イ 「学校評価」「教員評価」「人事評価」による学校組織の活性化
ウ 後継者の育成及びミドルリーダー・若手教職員の研修の充実

PAGETOP
Copyright © 茨城県校長会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.