-Ibaraki Principals Association –

猿島郡 【県西ブロック】

1 研修課題

児童生徒一人一人が輝き,生きる力を育てるため,学校経営のビジョンを明確にし,創意と活力に満ちた学校づくりをめざして,次の課題について研修する。

(1)信頼される学校づくりを目指す。

ア 校長自らの研鑽と教職員の資質能力の向上を図る現職教育の充実
イ 社会や環境の変化に主体的に対応できる児童生徒を育む教育活動の推進
ウ 学校評価(自己評価・学校関係者評価)と教員評価・新人事評価を生かした人材育成及び学校組織の活性化
エ 服務規律の確保と職場のメンタルヘルスの推進

(2)児童生徒の安全安心を確保する。

ア いじめのない集団づくりをめざした教育活動の推進
イ 健全な心と健康な体を育む実践的な教育活動の推進
ウ 関東・東北豪雨及び東日本大震災の教訓が生きる安全安心な教育環境づくり

(3)確かな学力の定着と学ぶ意欲を向上させる。

ア 各学校の実態を踏まえた教育課程の編成・実施・評価・改善
イ 体験活動と言語活動等を重視した学ぶ力を育てる教育課程編成の工夫
ウ 個性を生かし主体性を育む教育活動の推進
エ 基礎的・基本的な知識・技能の習得と活用,探究につながる学習指導方法の充実
オ 一人一人の教育的ニーズに応じた特別支援教育の推進

(4)豊かな心を育む。

ア 豊かな感性と思いやりの心を育む教育活動の推進
イ 我が国や郷土の文化・伝統を尊重した教育活動の推進
ウ 一人一人を大切にし、人権意識を育てる学年・学級経営の充実
エ 道徳性の育成に資する問題解決的・体験的学習の推進
オ 保・幼・小・中・高連携による夢と生きがいを育む教育活動の推進
カ 児童生徒の発達段階に応じた生きる力を育むキャリア教育の推進

(5)創意ある教育活動を展開する。

ア 特色ある教育活動の推進と積極的な情報発信
イ 学校・家庭・地域社会と相互に連携・協働した教育活動の推進
ウ グローバル化に対応した外国語教育の推進

2 施  策

(1)研修は毎月1回を原則とし,次の研修方法とする。

ア 相互研修(会場は公共施設を使用)
イ 研修視察(先進校,各種企業,各種研究機関,文化施設等)
ウ 教育に関する各種研修会への支援(教頭会,教務主任会,各研究部との合同研修)

(2)研修内容によっては教頭会,教務主任会,各研究部の組織を生かす。

(3)県及び県西地区校長会,境町・五霞町教育委員会との連携を図り研修を進める。

(4)年1回,校長,教頭,教務主任等による学校運営研究協議会を実施する。

 

3 年間計画

   研  修  内  容   会 場 備 考
10(月) 校長会運営計画の検討
・組織 ・研修計画 ・校長会会則
・教育研究会各部長の確認
・学校運営相互研修会運営計画
学校経営の構想
境町役場 発表:境小
2(火) 学ぶ意欲を向上させる学習指導の工夫改善 五霞中公 発表:長田小
1(木) 教員評価・新人事評価のあり方 境町役場 発表:境一中
3(月) 安全安心な学校づくりの推進 五霞中公 発表:五霞西小
8(火) 第45回学校運営研究協議会
(校長,教頭,教務主任等合同研修会)
パンケット
アリモール
講師:県西教育事務所
1(金) 体験活動を生かした教育活動の推進 境町役場 発表:五霞東小
10 2(月) 生徒指導の総合的推進 境町役場 発表:五霞中
11 1(水) 豊かな心を育てる教育活動の推進 境町役場 発表:猿島小
12 1(金) 業務の効率化に向けての工夫改善 境町役場 発表:森戸小
10(水) 教職員の資質向上を図る校内研修の推進 境町役場 発表:静小
2(金) 学校経営の評価と改善 五霞中公 発表:境二中
2(金) 本年度の研修の反省と次年度の計画 境町役場

 

PAGETOP
Copyright © 茨城県校長会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.