-Ibaraki Principals Association –

桜川市 【県西ブロック】

1  研修課題

個性と創造性に富む,心豊かな,たくましい人間を育成する学校経営を目指し,次の課題につ いての研究実践に努める。

(1)創意工夫を生かした活力に満ちた学校経営の推進

ア 生きる力を育む特色ある教育活動の推進
イ 家庭・地域社会と連携した開かれた学校づくりの推進
ウ マネジメント機能を生かした学校経営の推進
エ 業務の効率化・適正化を図る学校運営の推進

(2)全職員の協働による創意工夫を生かした特色ある教育課程の編成・実施と評価・改善

ア 新学習指導要領改定の趣旨を踏まえた教育課程の編成と実施
イ 基礎的・基本的な知識及び技能の確実な定着と個性を生かす学習指導の推進
ウ 言語活動を充実し,思考力・判断力・表現力等を育む多様な学習活動の推進
エ 主体的・対話的で深い学びの視点を踏まえた授業改善の工夫
オ ユニバーサルデザインの視点を生かした授業づくり
カ 教育課程実施状況等の自己点検・自己評価の充実
キ ティーム・ティーチングや少人数指導等の指導形態の工夫・改善
ク 一人一人の教育的ニーズに応じた特別支援教育の推進

(3)豊かな心と将来への夢を育む教育活動の推進

ア 考え,議論する「特別の教科 道徳」を要とした道徳教育の推進
イ 不登校児童生徒への支援と教育相談活動の推進
ウ 望ましい集団づくりや人権感覚・人権意識を育む人権教育の推進
エ 個性を伸ばし,望ましい勤労観・職業観を育てるキャリア教育の推進

(4)社会や時代の変化に対応した学校経営の推進

ア 教職員の意識改革と資質能力を高めるための研修の充実
イ 実効性を持たせるための学校評価,教員評価・人事評価の充実
ウ 学校コンプライアンスの確立とリスクマネジメント(未然防止的危機管理)による危機管理体制の強化
エ 保幼小の連携と小中一貫教育の質を高める相互交流の充実

2 施  策

(1)毎月1回の開催とし,会場は地区公共施設とする。
(2)研修は,発表校校長提案に基づく相互全体研修を主とするが,必要に応じて小中学校別や中学校区ごとの研修や講師を招聘しての研修を実施する。
(3)年1回,校長,教頭,教務主任等の合同の学校運営研修会を実施する。
(4)桜川市教育研究会との連携を図り,教職員の資質・能力の向上と授業改善を図る。
(5)県・県西校長会との連携を図り,研修を推進する。
(6)市教育委員会や関係諸機関との連携を密にし,教育活動の充実向上に努める。

3 年間計画

研 修 内 容 会  場 備  考
 3(火) 運営組織づくりと研修計画の検討
(校長会・教育研究会の組織づくり)
大和中央公民館
 2(水) 小中一貫教育の質を高める相互交流の充実 桃山学園 桜川中提案
 4(月) 全教職員の協働による特色ある教育課程の編成
・実施と評価・改善
大和庁舎 岩瀬小提案
 3(火) 業務の効率化・適正化を図る学校運営の推進 大和中央公民館 坂戸小提案
 8(水) 学校運営研修会
(校長,教頭,教務主任等合同研修会)
真壁伝承館
 3(月) 豊かな心と将来の夢を育む教育活動の推進 大和庁舎 南飯田小提案
10  2(火) 確かな学力の定着を目指す教育活動の推進 大和中央公民館 羽黒小提案
11  2(金) 学校の教育力を高める校内研究・研修の充実 大和中央公民館 猿田小提案
12  3(月) 学校運営に関する研修 大和庁舎
 8(火) 危機管理体制の確立と安全安心な学校づくり 大和中央公民館 岩瀬東中提案
 1(金) 実効性を持たせるための学校評価・教員評価・人事評価の充実 大和中央公民館 岩瀬西中提案
 4(月) 本年度の反省と次年度の研修計画の検討 大和庁舎
備 考 研修会の提案発表はレポートは,A4判1枚程度とする。
PAGETOP
Copyright © 茨城県校長会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.