-Ibaraki Principals Association –

中学校部会

  • HOME »
  • 中学校部会

情報共有を図り、課題解決のために協働していく中学校部会

中学校部会長  内田 和子

 今、学校は大きな変革期を迎えています。新学習指導要領の実施や「学校の働き方改革」、「GIGAスクール構想」、「令和の日本型学校教育の構築」など、次々と新たな施策が打ち出されました。また、コロナ禍で学校の在り方が大きく変わり、これまで変えたくても変えられなかった学校の「当たり前」を変えるきっかけとなりました。例えば、各種の会議や行事をオンラインで開催することで参加者の物理的な負担を軽減したり、ICTを活用して、今まで難しかった個別最適な学びや、生徒の自主性を生かした学びもより可能になってきたりしました。
また、長年の課題であった部活動に関しても、茨城県やスポーツ庁から部活動を地域に移行することなどの改革の提言が出されました。文化部についても部活動の地域移行を検討中で、七月をめどに提言がまとまる見込みです。少子化により選択肢が狭まる部活動の多様性を確保し、教職員の負担を軽減する働き方改革につなげることを目指してのことです。部活動は、体力や技能の向上に資するだけではなく、教科学習とは異なる集団での活動を通した人格形成の大事な機会ともなっています。生徒にとっても教職員にとっても納得できる改革となるよう考えていかなければなりません。
 まだまだ続くコロナ禍のなか、校長は学校のリーダーとして次々発生する課題に直面し、決断を迫られる厳しい状況が続きます。中学校部会は、そんな皆様方と情報共有を図り、課題解決のために協働していく存在でありたいと思います。

bn_kaigisitu

お問い合わせ

茨城県学校長会事務局
〒311-1125
茨城県水戸市大場町933-1
TEL:029-269-1300
FAX:029-269-1304
Mail:igc@kplaza-ibk.or.jp

【広報専用メールアドレス】
Mail:ibk.kocyokai@gmail.com

PAGETOP
Copyright © 茨城県校長会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.