-Ibaraki Principals Association –

小学校部会

  • HOME »
  • 小学校部会

学校変革の旗手として

部会長 鬼 澤 真 寿
(水戸・三の丸小)

 新学習指導要領の移行措置に取り組みつつ,平成32年度完全実施に向けた準備,保幼小接続や小中一貫教育の推進,働き方改革など,課題山積で平成30年度が始まりました。茨城県学校長会小学校部会としても,それらの課題としっかりと向き合い,一つ一つ解決していく必要に迫られています。どれ一つとして,先送りにすることはできません。5月の「茨城県学校長会総会」の折に,諸先輩方から「元気で楽しい学校を」というエールを贈っていただきました。そのエールに応えるべく,課題解決に取り組み,子供たちが,保護者地域が,そして教職員が,光り輝く学校づくりを推進するためには,学校長自身が「われら意識」のもと,衆知を集めて,元気に楽しく学校経営に取り組んでいくことが,必要不可欠です。そこに学校長会,小学校部会の存在意義があります。まずは,喫緊の課題として,働き方改革を優先して進めなければなりません。教員採用試験志願者の減少・講師不足は,学校の存亡にかかわる重要な課題になりつつあります。学校現場のブラックイメージを払拭し,やりがいのある職種としてのステータスを回復させなければ,次の担い手を確保することができません。自治体によっては,教員の志願者増と優秀な教員確保のために,初任給の増額を試みる施策もでてきました。しかしながら,待遇改善以上に,負担感や不安など,時間外勤務時間増とともに心的要因による現象であるとも言われています。働き方改革は,現状分析に留まることなく,具体的な行動目標と実践が伴わなければ,何の効力も発揮できません。何をどう変えていくか,小学校の現状を踏まえ,小学校部会として,具体的な提案を掲げて,学校現場の変容を示しながら,検証を重ねていく必要があります。平成29年12月末に中教審から出された「新しい時代の教育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について」の基本的な考え及び検討の視点を十分に理解し,本部会自らが,改革の先頭に立って歩むべき時を迎えています。

bn_kaigisitu

お問い合わせ

茨城県学校長会事務局
〒311-1125
茨城県水戸市大場町933-1
TEL:029-269-1300
FAX:029-269-1304
Mail:igc@kplaza-ibk.or.jp

【広報専用メールアドレス】
Mail:ibk.kocyokai@gmail.com

PAGETOP
Copyright © 茨城県校長会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.