-Ibaraki Principals Association –

守谷市 【県南ブロック】

1 目 的

守谷市の未来を担う児童・生徒の健全育成を図るため,校長としての資質の向上と相互の密な連携を通して,時代に即応した創造性ある学校経営の推進に努める。

 

2 組 織

(1)市学校長会

役 員 氏 名(学校名)
会 長 辺見 芳宏(守谷中)
副会長 鈴木不二男(守谷小)
幹 事(庶務) 石井 良秋(けやき台中)
幹 事(会計) 鈴木 浩二(松ケ丘小)

(2)県学校長会

役 員 氏 名(学校名)
常任評議員 辺見 芳宏(守谷中)
評 議 員 鈴木不二男(守谷小)
専門委員会(調査研究) 木下 悦郎(高野小)
専門委員会(広  報) 山田 仁巳(大野小)

 

3 事業計画

(1)学校経営研究

経営者としての責任の重要性を考え,学校教育の健全なる発展を推進するため,次の研究を進める。
① 学校経営上の物的管理,人的管理,教育運営に関する管理
② 時代に即応する学校経営研修
③ 情報交換

(2)職能研修

① 学校経営に関する研究(定例校長会時の提案等)
② 当面する教育課題への取組

研究部会名 部会長名 主な活動内容
1 危機管理 鴻巢  哲 コンプライアンスや保護者対応等に係る様々な諸問題を想定し,その対応について研究する。
2 変化への対応 渡辺 幸夫 教員評価についての自主研修会を運営する。
市及び教育委員会への要望の取りまとめを行い,会長とともに交渉を行う。
市内小中学校全体の年間行事予定の取りまとめを行い,作成する。
3 連携教育 鈴木不二男 小中一貫を中心に保幼小中高の連携を深める教育事業の研究を行い,具体的な実践を提案する。
教育委員会指導室と連携して進める。
4 防災教育 山田 仁巳 守谷市及び教育委員会と連携し,防災教育の指針をまとめ,運営方法などを研究し提案する。

(3)大会派遣
全国的な教育の動向を把握し,教育の振興を図る。

大 会 名 期   日 参加者
1 全連小・北海道大会 10月 4日(木)~ 5日(金) 鈴木不二男
2 関ブロ小・長野大会  6月 7日(木)~ 8日(金) 鴻巢  哲
3 全日中・鳥取大会 10月25日(木)~26日(金) 辺見 芳宏
4 関地区中・栃木大会  6月14日(木)~15日(金) 中村 博吉
5 日本連合教育会・桐生大会  8月23日(木)~24日(金) 中村 博吉

(4)守谷市保幼小中高一貫教育「きらめきプロジェクト」

(1)守谷市が進める保幼小中高一貫教育とは
守谷市では,「新しい時代をたくましく生きぬく人づくり」を目指して,平成25年度から各中学校区の特色を出しながら,
児童生徒に確かな学力・豊かな心・健やかな体をはぐくみ,将来国際社会で活躍できる人材育成を目指した保幼小中高一貫教育
『きらめきプロジェクト』を実施しています。
※「きらめきプロジェクト」とは,守谷市が進める保幼小中高一貫教育の総称です。
(2)きらめきプロジェクトの目標
確かな学力・豊かな心・健やかな体をはぐくみ,将来の夢に向かって努力できる児  童生徒の育成
(3)きらめきプロジェクトの5つの基本方針
Ⅰ 社会に貢献できる人の育成
Ⅱ 確かな学力・豊かな心・健やかな体の育成
Ⅲ 将来への夢がもてるキャリア教育の推進
Ⅳ 義務教育9年間を見通しながら発達段階に応じた教育の推進
Ⅴ 中学校区ごとの特色ある教育活動の実践
(4)主な取組
○ 市教育研究部会を中心とした授業研究会の開催
○ 中学校区グランドデザインの一部統一化
○ 保幼小連携・小小連携・小中連携による授業づくりや研修
○ 乗り入れ授業・小中合同授業の実施
○ 小学校6年生を中学校へ招き,中学校生活を終日体験する「交流教室」の実施
○ 中学生による小学校4・5年生に対する算数学習のサポート(夏休み)
○ 小中合同・小中高合同のあいさつ運動の実施
○ 文化部(吹奏楽部・美術部・科学研究部など)の交流
○ 小学校6年生による中学校での部活動体験
○ 中学校と高校の生徒会の交流
○ 「Moriyaきらめきフォーラム」の開催(市内小中学校・守谷高校)

資料コーナー

 

PAGETOP
Copyright © 茨城県校長会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.