-Ibaraki Principals Association –

常総市 【県西ブロック】

1 研修課題

生きる力を支える「確かな学力」「豊かな心」「健やかな体」を育む創意と活力ある 学校経営をめざし,次の課題についての研究実践に努める。

(1)創意と活力に満ちた学校経営の推進

ア 組織マネジメントを生かした特色ある魅力的な学校づくりの推進
イ 新学習指導要領に基づく「生きる力」を育む,社会に開かれた教育課程の編成と実施
ウ 家庭や地域社会との連携と開かれた学校づくりの推進

(2)自ら学び自ら考える力を育てる学習活動の推進

ア 基礎的・基本的な内容の確実な定着
イ 問題解決的な学習や体験的学習の工夫と充実
ウ 小学校外国語活動及び専科指導の充実
エ 主体的・対話的で深い学びのある授業への改善

(3)豊かな心と将来の夢を育む教育活動の推進

ア 豊かな感性と実践力を高める道徳教育及び人権教育,福祉・ボランティア教育の推進
イ 多様な体験活動等を生かし,社会の変化に主体的に対応できる教育活動の推進
ウ 夢を育て,よりよい生き方をめざすキャリア教育の推進
エ 一人一人の教育的ニーズに応じた特別支援教育の推進

(4)生き生きとした児童生徒を育てる教育活動の推進

ア 安全安心な学校の構築と地域と連携した学校防災教育の充実
イ 児童生徒理解と不登校児童生徒への支援と解消の在り方の研修
ウ 基礎体力つくり及びスポーツ活動と健康・安全教育の推進

(5)「目指す子どもの姿」を共有した実践的な幼保小中連携教育の推進

ア 教職員,児童生徒,保護者の実効性ある連携・接続の充実
イ 保幼小中連携の評価と成果の活用

(6)時代の変革に対応する現職教育の推進

ア 教職員の意識改革と資質・能力を高める校内研修の充実
イ 「学校評価」や「教員評価」「人事評価」による人材育成と学校の活性化
ウ 学校コンプライアンスの推進と危機管理体制の充実
エ 業務の適正化による教育活動の推進

2 施  策

(1)連絡協議会は毎月開催し,本市教育の向上に努める。会場は各校持ち回りとする。
(2)研修は会場校提案の相互研修を主とし,講師を招聘しての研修や研修視察を計画的に実施する。
(3)地域社会,関係諸機関との連携を密にし,教育活動の充実・向上に努める。
(4)県校長会,県西校長会,教育研究会,市指導課との連携を密にし,研修の充実に努める。

3 年間計画

研 修 内 容 会  場 備  考
 3(火) 常総市の教育運営方針について
・組織づくりと研修計画の検討
石下庁舎 講師:市教育長
 1(火) 創意と活力のある学校経営の工夫
・学校経営の基本構想,研究課題
玉小 会場校提案
 4(月) 自ら学び自ら考える力を育てる学習活動の推進
・学習指導要領の重点に迫る教育活動
石下中 会場校提案
12(火) 先進校研修視察 東京都港区立白金の丘学園 他
 3(火) 心の教育と生徒指導の充実を図る学校経営
・多様な体験活動を通した教育活動
大花羽小 会場校提案
31(火) 学校運営研修会 未定 講師:
県西教育事務所長 他
 4(金) 小中連携を生かした学校経営の推進
・幼保小連携をも視野に入れた接続・連携
菅原小 会場校提案
10  2(火) 安全安心な学校の構築と学校防災教育
・学校家庭地域社会と一体化した教育活動
絹西小 会場校提案
11  2(金) 学校コンプライアンスの推進と危機管理体制の充実 石下小 会場校提案
12  4(火) 学校組織マネジメントを取り入れた教育活動の推進と業務の適正化(効率化) 鬼怒中 会場校提案
 9(水) 一人一人の教育的ニーズに応じた特別支援教育の充実
・次年度の運営計画の提案
豊岡小 会場校提案
研究委員提案
 1(金) 学校評価・教員評価・人事評価を生かした学校経営
次年度の運営計画の検討
豊田小 会場校提案
研究委員提案
 4(月) 本年度の反省と次年度の構想 石下庁舎 研究委員提案
備 考 提案発表は会場校の校長・教頭・教務主任で行う。
会場は1番(水海道小)から19番(水海道西中)のローテーションで行う。ただし,第1回(4月),第13回(3月)は石下庁舎で行う。
水海道小→大生小→岡田小→五箇小→水海道中→三妻小→玉小→石下中→大花羽小→菅原小→絹西小→
石下小→鬼怒中→豊岡小→豊田小→石下西中→菅生小→飯沼小→水海道西中
PAGETOP
Copyright © 茨城県校長会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.