-Ibaraki Principals Association –

結城市 【県西ブロック】

1 研修課題

信頼関係を基盤として,知・徳・体のバランスのとれた社会人の基礎を養う学校教  育を推進するため,次の課題に取り組み研修する。

(1)創意工夫を生かした特色ある学校経営の実践

ア 学校評価を活用した学校経営の実践
イ 信頼と活力を生む家庭・地域社会と連携した学校経営の実践
ウ 生涯学習の基礎を培う学校教育活動の推進
エ 組織マネジメントを生かした学校経営の実践

(2)自主性・自立性を育む教育の推進

ア 確かな学力を育む教育の推進
イ 基礎的・基本的な知識・技能の習得と思考力・判断力・表現力等を育む授業の確   立
ウ 教育活動全体を通して,豊かな心と将来への夢を育む教育の推進
エ 自立と社会参加を目指し,一人一人の教育的ニーズに応じた特別支援教育の充実
オ 教育活動全体を通した体育・スポーツ活動の充実と学校健康教育の推進

(3)時代の変化やグローバル社会に対応できる教育の推進

ア 自他の生命尊重を基盤とした安全能力の育成
イ グローバルな視点での国際教育の推進と伝統や文化に目を向けた郷土教育の推進
ウ 常に変化する社会において,広い視野に立ち,主体的に行動できる人材の育成

(4)地域に信頼される魅力ある学校づくり

ア 保幼小中の連携を図り,互いの教育を見通し,連続性・一貫性のある教育の実践
イ 地域の教育力を生かし,学校を核とした特色ある教育活動の充実

(5)教職員の意識の改革と資質の向上を図る研修の推進

ア 本県の求める教師像に対応した研修体制及び内容の充実
イ 学校評価及び教員評価・人事評価を生かした人材育成の充実
ウ 研究団体等との連携
エ 服務規律の確保のための学校コンプライアンス推進委員会の活動の充実

2 施  策

(1)原則として毎月第一週に定例研修日を設定する。
(2)研修は課題に即し提案校発表をもとに協議し,相互研修を中心とする。
(3)研修を深めるため,講師を依頼する。講師は教育関係者以外からも広く求める。
(4)教頭会,教務主任会の研修事業との関連を図り,研修を進める。
(5)教育研究会,市教育委員会指導課,教育支援センター及び特別支援学校等と連携し,研修課題の解明にあたる。
(6)先進校視察を計画的に実施し,研修を深める。

3 年間計画

研 修 内 容 会  場 備  考
 3(火) 運営組織・研修体制づくり 駅前庁舎
12(木) 校長・教頭合同研修会
平成30年度の学校経営             (全校)
駅前庁舎
多目的ホール
講師 指導課
 2(水) 教職員の意識改革と資質の向上①       (城西小) 駅前庁舎
 5(火) 豊かな心を育む教育活動           (結城西小) 駅前庁舎
 3(火) 社会の変化に対応する教育活動①       (上山川小) 駅前庁舎
 2(木) 校長・教頭・教務主任等合同研修会
創意ある教育課程の編成・実施と評価・改善   (全校)
市民情報センター 講師 県西教育
事務所,指導課
 4(火) 教職員の意識改革と資質の向上②       (絹川小) 駅前庁舎
10  2(火) 確かな学力の定着を目指す教育活動の推進  (江川南小) 駅前庁舎
11  1(木) 生徒指導の総合的推進            (結城東中) 駅前庁舎
30(金) 先進校視察              (視察地別途計画) 視察地 別途計画
12  4(火) 社会の変化に対応する教育活動②      (結城南中) 駅前庁舎
 9(水) 教職員の意識改革と資質の向上③       (城南小) 駅前庁舎
30(水) 校長・教頭・教務主任合同研修会
本年度の反省と次年度の課題          (全 校)
駅前庁舎
多目的ホール
講師 指導課
 1(金) 本年度の反省と次年度の研修課題      (研究幹事) 駅前庁舎
 1(金) 次年度の研修課題と研修計画の検討 駅前庁舎
備 考 ○必要に応じて小中連携に関する会議をもち,研究の推進にあたる。
○定例研修会の提案内容は,小中連携の視点も加味する。
PAGETOP
Copyright © 茨城県校長会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.